= 加藤英夫のカードマジック研究報告 =

No.183

2011年6月17日
(毎週金曜日発行)


応援団サイト



"Card Magic Library"第8巻のご案内

第8巻は7月1日発送開始と決定いたしました。この号で紹介するとともに、ご注文の受付も開始させていただきます。まずは内容の概要を見ていただくために、序文をお読みください。なお序文の日付が2010年4月28日になっていますが、第8巻に取りかかった日付です。

序 文

第8巻からのお奨めカードマジック

エイトカードブレーンウェーブ By ニック・トロスト&ダン・ハーラン

これは原案通りでも傑作に違いありませんが、ダン・ハーランがマジックカフェで発表した、この2回繰り返しバージョンは、不思議さもエンタテイメント性もパワーアップしています。

8枚のカードから相手が1枚選びますが、選ばれたカードだけ裏の色が他と違います。2回目は違うカードが選ばれますが、予期せぬ結果が起こります。

パーフェクトプリディクション by バノコール&加藤英夫

あらかじめカードの名前が書かれた予言の紙を1人の客に渡しておきます。そして2人目の客がまったく自由に1枚のカードを選びます。1人目の客が予言に書かれたカードを取り出すと、まさしく2人目の選んだカードです。

マッチングドゥーアズアイドゥー by 長谷和幸

1組のデックで演ずる'ドゥーアズアイドゥー'は、アル・ベイカーの時代からありました。しかしながらベイカーのやり方では、2人が選んだカードとして、必ずしも同色同数のカードを現すことができませんでした。長谷氏のアイデアはそれを見事に解決いたしました。その結果、つぎのようなセリフを言ってクライマックスとすることができます。

「あなたと私の相性がどのぐらいか見てみましょう。あなたのカードを見せてください」。
「ハートの8ですね。もしも私のカードが黒ではなくて、赤いカードなら、どちらかというと相性がよい方だということになります。もしも私のカードがハートだとしたら、かなり相性がよいということになります」。
「よかったハートですよ。あとは数ですね。数が近ければ近いほどよいのです。最高の結果が出ました」。2人のカードは、同じ色で同じ数のカードです。


ミックスアップ by アーサー・バックレイ&加藤英夫

ダイ・バーノンの'トライアンフ'が発表された1946年、アーサー・バックレイが現象がまったく同じ作品を発表していたのを見つけました。バーノンはトライアンフシャフルを使用しましたが、バックレイはレッド&ブラックシャフルを使用しています。

このシャフルはトライアンフシャフルのように、シャフル後にプルアウト(引き抜き)をやりません。ですから裏と表をリフルシャフルして、そのままカードをそろえるのです。しかしながら、そのシャフル自体にひとつの問題点がありました。それゆえにバーノン作品より優れているとは認められず、歴史の中に埋もれたのだと思います。

今回、私がその問題点を解決する方法を発見し、裏と表をリフルシャフルしてそのままカードをそろえて、プルアウト不要のやり方として完成させました。

部屋のやりくり by ピーター・ダフィ

左から右に向かって、A1枚、2のカード2枚、3のカード3枚、4のカード4枚、を置きます。それがホテルの1人用から4人用の部屋に入った客だと説明します。ところが案内係が間違えて反対に入れてしまったので、客の中にいたマジシャンが、魔法で4組の客を入れ替えると話します。魔法をかけると、左から、4枚の4、3枚の3、2枚の2、1枚のAとなります。

いつもながらダフィのユニークなアイデアは、読んでも面白く、演じても面白いです。とくにこの作品のように、トリックの構造とストーリーの流れがマッチしていると、エンタテイメントとしての実演価値があります。

インタレースミックス by 加藤英夫

赤いカード3枚を少し広げた状態で表向きにテーブルに置きます。その上に少し広げた状態の表向きの黒い3枚をのせます。それらを取り上げて、ポール・ハリスの'インタレースバニッシュ'のような広げ方で広げた瞬間、赤と黒が交互に混ざっています。

まだまだ紹介したい作品がたくさんありますが、このぐらいにしておきましょう。まちがいなく第8巻は、実演価値のある作品の観点からは、いままでの巻の中でベストです。目次をご覧ください。

目 次

"Card Magic Library第8巻"注文受付開始いたします

価格、申し込み方法など、従来と同じです。注文方法をご確認ください。

発送開始日:2011年7月1日

注文方法

ご注文をお待ちしております。

"Card Magic Library"の在庫について

各巻につきまして、在庫数にかなりバラツキが出てきております。全巻おそろえいただく予定の方は、未購入巻のお買い漏らしなきようお願いいたします。とくに第1巻~第5巻を優先されることをお奨めいたします。

ではまた来週!