= 加藤英夫のカードマジック研究報告 =

No.241

2013年12月6日

応援団サイト



"Card Magic Magazine"第20号発行のご案内

"Card Magic Magazine" 第20号をアップロードいたしました。。******は、"Card Magic Library"第6巻83ページ先頭の漢字2文字を、アルファベット小文字6文字としたものです。

http://www.magicplaza.gn.to/cmm/******/cmm020.pdf

掲載期間:2014年3月7日まで。


"Card Magic Magazine"第20号の内容

= オーダートリック特集 =

ページ数:24ページ

作品 ファイブインナロウ (ニック・トロスト)
作品 スウィンドルオブソーツ (ポール・カリー)
作品 ナイスストライク (加藤英夫)
作品 マッチングオーダー (加藤英夫)
作品 オートマチック電卓 (加藤英夫)
作品 パーフェクトオーダー (加藤英夫)
作品 ハマンイットアップ (ジョン・ハマン)

技法 アズユーワー (ロイ・ウォルトン)
作品 魔法の数え方 (加藤英夫)

作品 テンギブズスリー (ブルース・サーボン)
作品 ここにあったカード (加藤英夫)

作品 オーダーオブキングスプラス (加藤英夫)
作品 王家の栄光 (加藤英夫)
作品 逆作用シャフル (加藤英夫)

作品 ダブルスウィンドル (加藤英夫)
作品 割り切れるマジック (加藤英夫)

今月号の注目トピックは?

今月号では、カードの並び方、順番に関して不思議なことが起こる現象をまとめました

カードの順番が逆転するオーダートリックとしては、"Card Magic Library"第7巻、64ページに解説したノエル・スタントンの'パリンドロームカード'が有名ですが、同作品より半年まえに、ニック・トロストが原形とも言える作品を発表していたのを、今回の調査で見つけました。

整列しているカードの順番を乱したものがもと通りに整列する、ポール・カリーの'スウィンドルオブソウツ'も有名ですが、セルフワーキング的でありながら、操作方法がかなり複雑なのが難点でした。その点の解決方法を考察いたしました。

作品として傑作と言えるのは、何と言ってもジョン・ハマンの'ハマンイットアップ'です。あまりインターネットなどでも演じられていませんが、'隠れた名品'とでもいうような味わいがあり、私の大好きな作品です。

そして"Card Magic Library"第10巻に解説した'オーダーオブキングス'は、私の自信作のひとつですが、それをさらにパワーアップした'王家の栄光'は、私の最高傑作だと、私は思っています。