= 加藤英夫のカードマジック研究報告 =

No.313

2015年4月24日

応援団サイト



天海フォーラムに参加して

4月19日、江戸東京博物館学習室において、"第1回石田天海フォーラム"が開催されました。天海師が1958年に帰国されて、天海IGPというクラブを発足された時期に、天海師と多くの日々を過ごされた氣賀康夫氏、そして天海の奇術研究家として誰もが認める小川勝繁氏、このお二人の講師によるプレゼンテーションは、たいへん格調の高いマジックイベントとなりました。

天海師のマジック、そして天海師のアーティストとしての存在感、それらの素晴らしさがどのようにして生まれたか、それを知る上でお二人のプレゼンテーションは、いままで私が調べてきたことと、見事に符合いたしました。

天海師のあのスマイルがどのようにして生まれたか。天海師の奇術の魔法のような不思議さがどのようにして生まれたか。それをここに要約して書くことなどはできません。この会に出席して、天海師と日々を過ごされた人、天海師のマジックを徹底的に追い求めた人から直接聞くことがいかに大切であるか、もっと多くの若いマジシャンたちに、参加してもらいたかった会でありました。

石田天海という偉大なマジシャンの存在を、これからのマジシャンたちに伝えていくこと。その新たな出発点となったこの会は、"天海奇術講座"をまとめた私にとっては、さらに元気を与えてくれたものでありました。

この会を実現することに協力された方に感謝いたします。参加されなかった方には、つぎはぜひ参加されることをお奨めいたします。

天海パームで親指が見えないのはよくない?

"石田天海フォーラム"における質疑応答において、ある参加者の方から、「インターネットの議論の中で、天海パームは親指が見えないのが不自然である、ということが指摘されているが、小川氏はどのよう思われるか」という質問がありました。

小川氏は手を体の前にかまえて、「このように手を位置させたときに、親指が突き出ているのがナチュラルですか」という意味のことを言われました。

この回答に質問者が納得がいかなかったようなので、私が補則させていただくことにいたしました。しかし私の説明は、さらに質問者には納得のいくものではなかったと思います。

なぜなら、小川さんや私が天海パームを使うと考えていた状況と、質問者が考えていた状況が違っていたからです。

もともと天海パームとは、手が小さかった天海師がステージでの演技において、オーディナリーパームの代わりとして使い始めたのだと私は聞いています。カードを隠して保持するというのが天海パームの出発点です。

すなわち天海パームの"肝"は、カードを隠している手が怪しいと観客が思わないようにすることです。それには不自然な手つきをしないことと、パームしている手になるべく視線を集めないようにすることです。"隠す"ということにおいては、親指がほとんど見えないぐらいの保ち方の方がナチュラルです。

バーノンが"バーノンブック"において、天海パームを利用したカードのスイッチを発表してから、天海パームはカードを隠すという本来の使い方だけでなく、他の技法と組み合わせて使われるようになりました。

そのようなテクニックを使っているマジシャンによって、天海パームでは指を開くことができることに着目されました。指を開いてカードがないことを強調するのです。

本来パームした手を目立たせない技法だった天海パームが、手を目立たせる技法として使われるようになったのです。

そのような使い方をすると、たしかに親指が見えないのが不自然な場合があります。このことを質問者は指摘していたのだと、私は家に帰ってから気づきました。私も小川さんも、質問されたときは、そのようには受け止めなかったのだと思います。

親指が見えなくて他の指が開いていても問題がない場合もあります。前述のバーノンのスイッチ技法では、下図のように少し他の指が開いていて、なおかつ親指が見えなくても不自然ではありません。

この図を見て、親指が見えないから、天海パームは不自然だと言うのでしょうか。

技法というものは、使われるときの状況、前後の動き、脈絡の中にうまく適合するかどうかで判断すべきである、ということです。