= 加藤英夫のカードマジック研究報告 =

No.373

2016年6月17日

応援団サイト



見せ方の考察

ロベルト・ジョッビの"Card College Lighter"に書かれている'ヴォワラフォーエーセズ'は、U.F.グラントの'Sure Locator'をもとにして、面白い演出を加えて発展させています。今回はそのトリックを演ずる上での、演技的な工夫を考察してみたいと思います。今週は、まずジョッビの解説をそのまま書かせていただきます。

"ヴォワラ"(もしくは"ウァラ")という言葉は、「ほら」というニュアンスで、相手の注目を引くときのフランス語です。

ヴォワラフォーエーセズ
= ロベルト・ジョッビ、”Card College Lighter”、1992年 =

準 備

ボトムに4枚のA、ボトムから5枚目に5のカードを表向きにしてセット。

方 法

セット部分を広げないでデックを両手の間に広げ、相手に1枚抜かせます。相手がそれを見ている間にカードをそろえ、半分カットして上半分をテーブルに置き、その上に選ばれたカードを返させ、その上に残りのカードを重ねます。

「いまからあなたのカードを見つけます」と言って、1枚のカードを抜き出す真似をして、「あっ落としてしまいました」と言って、テーブルからひろう演技をします。「このカートが何のカードかわかりますか」と問いかけて、返事にかかわらず、「わかるわけないですよね、裏向きですから」と言います。

「これを表向きにして中に入れますよ」と言って、手を返していかにも持っているカードをひっくり返したようにして、デックの中に入れる演技をします。

「さあこれで選ばれたカードが当たります」と言って、デックをリボンスプレッドします。5のカードが表向きに現れます。それを指さして「はい、ハートの5です」と得意げに言います。少し間を取ります。「いいえこれはあなたのカードではありません。あなたのカードのある位置を示すカードです」と言います。

「このカードが5ですから、5枚目を見てみましょう」と言って、5のカードの右でスプレッドを分け、表向きの5の左隣りのカードを声を出して数えながら、4枚抜き出して前に置きます。「これが5枚目です」と言って、つぎのカードを右にずらします。

ここで「選んだカードは何でしたか」とたずね、それから5枚目のカードを表向きにして、選ばれたカードであるのを見せます。

「うまくいきました。それではつぎは4枚のAを使ってマジックをお見せしましょう」と言って、前に置いてある4枚を表向きに返して、4枚のAであることを見せます。そして4枚のAのマジックに続けます。

"天海ダイアリー・米国滞在編"入手について

"天海ダイアリー・米国滞在編"は、"カードマジック創作講座"を購入された方に、発売記念期間にかぎり無償で提供しています。発売記念期間は2016年7月31日までです。詳しくは、"Cardician's Journal"No.367、およびそれ以前の号をご覧ください。