カードマジック研究室

No. 008

2016年9月9日




'アンタッチド'でもしもの場合

'アンタッチド'の現象を復習しておきましょう。見たことがない方は、ネットで検索して見るとよいでしょう。

マジシャンは「'私が思ったカードをあなたが当てる'というマジックをやります。証拠として思ったカードを抜き出しておきましょう」と言って、相手にデックの表をマジシャンに向けて広げさせ、マジシャンは思ったカードが見えたらストップをかけ、そのカードを抜き出してテーブルに置かせます。

「残りのカードに同じカードはないので、あなたに2枚のカードを選んでもらい、それらのマークと数で私の思ったカードを当てていただきます」と言って、相手にカードをディールさせ、かなりディールしたら適当なところでストップしてもらいます。残りのカードはわきに捨てさせます。

ディールしたカードを取り上げて、左右2組にディールさせます。そして一方の組のトップカードを表向きにさせ、それがマークを告げていると言います。他方の組のトップカードを表向きにさせ、それが数を告げていると言います。そして抜き出しておいたカードを表向きにすると、2枚のカードが示すマークと数のカードなのです。


さて、マジックカフェでの投稿です。ジェイソン・ローラーという人がつぎのように投稿してきました。

'アンタッチド'を演じたときに、困ったことになりました。トップの2枚が同じ数のカードだったのです。ですから、一方のマークで他方の数のカードを抜き出すことができません。このような場合はどうしたらよいでしょうか。

最初の回答は、つぎの通りです。

「ちょっと待って、1回カットしてください」と言って、カットさせてからやればよいでしょう。

でもカットしたあとも確率は低いとしても、もしも2枚が同じ数だったらどうするのでしょう。

するどい指摘がありました。

同数カードの心配だけではありませんよ。同数カードがある確率は3/51ですが、同マークカードがある確率は、12/51もあるのですよ。ですから、もういちどカットさせたりシャフルさせたりする対処法は、かなり危険性があります。

こんな回答もありました。

トップに同数カードが続いている場合、そのとき3枚目が違う数であるとしたら、相手に2回目のディールをさせるときに、3つの山にディールさせて、そのうちの2つの山を使えばよいのでは。

うーん、ノーコメント。コメントする気も起こりません。

するとクラウディオというメンバーが面白いことを投稿しました。

そのようなことが起こった場合、2枚のカードで1枚のカードを当てるという演出を、2枚のカードで2枚のメイトを見つける、という現象にすり替えればよいでしょう。たとえば2枚が8のカードであれば、あなたは残りの2枚の8を抜き出すのです。ただしこれをやることを考慮するとしたら、最初のセリフをアレンジする必要があります。

一瞬、ほんの一瞬ですが、これは素晴らしいアイデアだと思いました。しかしながら、12/51の確率で起こる、トップの2枚が同マークである場合には対処できません。ですから、最初のセリフをアレンジしたところで使えません。

どうしたらよいでしょうか。ここでマイケル・アマ-の演技を見てください。ネットで"Ammar Untouched"で検索すれば見られます。

そうです。アマ-は自分で何回かリフルシャフルして、シャフルするときにグリンプスして、トップに違う数で違うマークがあることを確認し、そしてバイプレイの部分で少し時間を稼いだあと、客にカードを広げさせています。

私は前述のマジックカフェの論議を読んだあとに、初めてアマ-の演技を見たゆえに、アマ-の解決法に感動しました。さすがにプロの解決法です。

しかしながら、このトリックを相手にシャフルさせるところからスタートする、という魅力は捨てがたいと思います。"なんとかそれを実現したい"、という執念がひとつの解決法を思いつかせてくれました。次号で解説いたします。