カードマジック研究室

No. 009

2016年9月16日




ケースバイケースで現象が違う!

前号では、'アンタッチド'において、相手にシャフルさせたデックを、表をあなたに向けて広げさせたとき、トップの2枚が同じ数だったり、同じマークであった場合にどうしたらよいか、というのがテーマでした。

マジックカフェの投稿に、トップの2枚が同じ数の場合は、同じ数のカードを2枚抜き出して、フォーオブアカインドの4枚を現すという現象にしたら、というものがありました。

それに刺激されて考えた私の解決法はつぎの通りです。

あなたがマジシャン
加藤英夫、2016年9月8日

方 法

「今日はあなたにマジシャンの役をやっていただきます」と言って、デックを相手に渡し、シャフルしてもらいます。

「私の方に表を向けてカードを広げていってください」と言って、'アンタッチド'と同じように進めますが、トップの2枚が違う数で違うマークの場合には、'アンタッチド'の通りに続けます。

それ以外の場合には、2枚のカードを抜き出しますが、トップカード(バックカード)の同色同数カードと、ボトムカード(フェースカード)の同色同数カードを抜き出します。抜き出したら表向きに置きます。

「いま私が選んだカードの双子のカードを、あなたに見つけていただきます。双子のカードとは、同じ色で同じ数のカードのことです」と言って、ここから先は、'ジェミニツイン'の操作を相手にやらせます。

すなわち、カードをディールして好きなところでストップして、ボトムカードと同色同数のカードを表向きにディールしたカードの上にのせさせ、残りのカードーその上に重ねさせます。またディールしてストップさせ、残りの表向きのカードをディールしたカードの上にのせ、残りのカードをその上に重ねさせます。

デックをリボンスプレッドして、それぞれの表向きのカードとその右隣のペアを抜き出します。そして表向きの双子のカードの名前を言ってから、そのカードを表向きにします。


ということですが、もしかしたらトップの2枚が違う色で違う数の場合でも、このやり方でやった方がよいかもしれません。

ダブルディールをディール&ドロップに置き換えただけのバリエーションですが、やってみる価値はありそうです。