カードマジック研究室

No. 038

2017年3月31日



トレジャーハント
= 加藤英夫、2016年11月3日 =

以下のアドレスにアクセスして、YouTube動画をご覧ください。

https://youtu.be/HcLEuCzLcHY

方 法

やり方は動画でほとんどわかると思いますので、簡単に説明します。

4枚のAはトップから8枚目以降にセットしておきます。それらを保つようにジョグシャフルを行います。

カードの中に宝物が埋まっているというセリフを言いながら、トップの何枚かを広げて、そろえるときに4枚のAの下にブレークを作ります。7枚目まで表向きに返して、セリフを言いながらブレーク上の4枚のAを表向きのカードとともに手前にずらします。

あとは動画通りです。

今回は、トリックそのものよりも、演出によって怪しさを軽減できるということをお伝えすることが主旨です。

宝物を相手に見つけてもらうというのが演出であり、表向きに返すという行為が、地層を掘り返すという行為であり、表向きのカードを広げて見せることが、掘り返した中には宝物はないことを見せるということです。演出の脈絡と動作の脈絡とがマッチしていることが、怪しさを低減もしくは解消しています。