カードマジック研究室

No. 053

2017年7月14日



'カット&ロスト'

今回は、"トリック・デック・ミラクルズ"に解説されている、'カット&ロスト'を動画で紹介しています。

https://youtu.be/nTI0fjNGMg0

このトリックに使われているトリックデックの仕掛けについては、本が発売されるまでのお楽しみとさせていただきます。このトリックでは、いままでのカードマジックであまり使われていない、演技者の能力を使っています。

それは指先のテクニックではありません。トリックデックですから、仕掛けは使っています。しかしその仕掛けだけでうまくいくわけではありません。根本には数理的な原理があって、その原理を働かすのはメンタルワークです。いちばん近い例をあげるなら、メモライズドスタックを使うときのようなメンタルワークです。しかし記憶力はまったく使いません。

動画では、私が前に振り返ったとき、相手の手が一方のパケットにかかっていますが、そのことで選ばれたカードのあるパケットを判断するわけではありません。相手がパケットから手を離すまで、完全な目隠しをしていても演じられます。

ノーマルデックでこのトリックデックを作るには、"トリック・デック・ミラクルズ"の中で、いちばん時間がかかるものかもしれません。30分〜40分かかります。それだけ手間をかける価値のある作品であると感じていただければ幸いです。