カードマジック研究室

No. 066

2017年10月13日



ヒューガードトラップ

"Card Magic Library"第1巻で解説されている、'ヒューガードトラップ'を発展させて、リプレイスメントとしての使い方を説明しています。

https://youtu.be/lwte9tVu5Is

映像の最後において、「詳しいことは"カードマジック研究室"をご覧ください」と言っていますが、それはたったひとつの重要なことです。2枚ずれている右上コーナーを右手の中指と親指の先でつかみ、中指の先で下のカードを左に押しながら、上のカードを右手に取ることです。

下のカードを左親指で引いてはいけません。カードの下の中指の動きは見えませんが、親指の動きは丸見えになるからです。ただし、右中指で押すと同時に、左親指を左上に伸ばすようにしてやると、左上コーナーで下のカードの動きが見えにくくなります。

左親指を伸ばす動作がよくて、引く動作がよくない、ということはどういうことでしょうか。それは鏡に映してやり比べれば、一目瞭然です。引く動作では親指を曲げて動かします。そこに意図が発生するのです。左親指を伸ばしてコーナーをカバーする動作は、トップカードを取るための動作の一部のように見えます。

そのへんの微妙さは、今回の動画ではお見せしていません。取るときにデックをビベルさせているからです。いつかその部分の違いがわかるような動画を撮り直したいと思います。