カードマジック研究室

No. 075

2017年12月15日



"ダイ・バーノンの研究"について

私は"天海ダイアリー"をまとめたとき、私の所蔵しているすべての雑誌、書籍、インターネットにおいて'Tenkai'で検索して、情報を集めました。昨年それと同じことを'Dai Vernon'で行ったところ、膨大な記事や、日本では未発表のバーノン作品が多数見つかりました。それらに目を通したとき、「何でこれらの重要な情報が日本に伝えられてこなかったのだろう」と衝撃を受けました。

いちばん重要なことは、世界中の多くの国のマジシャンが、ダイ・バーノンが20世紀でもっともマジックの発展に貢献したマジシャンであると表明していることです。バーノンが素晴らしいマジシャンであることはもちろん知っていますし、多くの作品や考え方を学んできました。しかしながら、バーノンが世界各国のマジシャンから称賛され、多くのマジシャンに影響を与えてきたことがわかる、これらの記事は日本では紹介されてきませんでした。私は日本のマジシャンも、これらの記事を読むべきだと思いました。

そこで私は""天海ダイアリー"でやったのと同じことをバーノンについて行うことを決意いたしました。最初にやったのは、検索して見つかった記事、作品、理論などの中から、日本語にして残す価値のあるものを、まず英語のまま切り出してひとつのファイルに集めることでした。その中には、私がすでに日本語で書いてきたコンテンツも含めました。集まった資料はB5版で600ページを超えました。

そのうちの半分ぐらいはすでに日本語になっていますが、残りを日本語にするのにおそらくあと2年ぐらいはかかると思います。タイトルは"ダイ・バーノンの研究"とするつもりです。

バーノンの日本では知られていない作品を知ることも興味あることですが、多くの記事はバーノンから影響を受けた人たち自身によって書かれていますから、バーノンから教えられたマジックにおける重要なこと、いわば「バーノンの教え」の全貌を知ることができることが、"ダイ・バーノンの研究"のかけがえのない価値となるでしょう。

私は決意いたしました。"ダイ・バーノンの研究"を完成させ、他のコンテンツも含めて、"カードマジック・ギフトパック"第2弾を作成することを。

"Card Magic Library"の特別販売期間を行うことによる、全巻購入済みの方に対するご迷惑へのお詫びは、"カードマジック・ギフトパック"だけではまだ足りないと思っています。この第2弾の提供と、全巻購入者専用の"カードマジック研究室"の続行(2018年5月以降)により、どうかお許しいただくよう、心からお願い申し上げます。

あと2年、私がまだ健康でいられるよう、皆さんも念じていただければ幸いです。



今週は以下の動画をアップロードいたしました。

'キング・ガバーン・ザ・タイム'

https://youtu.be/_7mqpaW_5C0

'遠回りなトライアンフ'

https://youtu.be/2XhqMXp8-W8